筆談

「筆談で自分の想いを伝えよう。」
これは営業研修のテーマのひとつです。

筆談とは、文字を書いて意思を伝え合うコミュニケーション手法のことをいいます。
筆談は話し言葉に頼らないことから「聴覚に障害のある人のためのもの」と
思われがちですが、営業マンにとって強力な武器となります。

2009年に、聴覚障害をもつホステス、斉藤里恵さんの著書「筆談ホステス」(光文社)
がベストセラーになり話題となりました。この本は常にメモをとりながら筆談で
コミュニケーションを交わし、銀座ナンバーワンホステスになった彼女の生き様を
描いたものです。聞くことも話すこともできない彼女の苦肉の策、「筆談」がとても
有効だということが実証されました。その彼女は、現在は東京都の区議会の議員
として活躍の場を広げています。

私は、商談では必ず筆談を実践しています。口頭では伝わりにくいもどかしさが
筆談をすることによって伝わったときのうれしさは格別です。

口達者ではなく、むしろ口下手な方がいい。
朴訥でも相手に自分の想いが伝わります。

筆談営業の様子 丸山景右BLOG