100年住宅ローン

スタグフレーションに悩まされる国民。物価上昇に歯止めがきかず、
木材ショックで住宅コストも高騰。そんな折、住宅ローンの完済年齢が
73歳に上昇したことが話題になっています。
ということは、65歳で定年を迎えても残り8年間もローンの支払いが
余儀なくされます。再雇用(?)されても収入は半減、そして年金も
不安定です。老後リスクはますます深刻になります。

そこで妙案。
住まいの耐用年数の長期化を推進する国策の元、住宅ローンの
返済を100年にしたらどうでしょうか?

坪単価100万円、40坪の家を4000万円で建て、4000万円を
全額ローン賄っても、毎月の支払いは約54,000円です。
金利は現在の変動金利より高い1%の固定金利とします。

この件は、私が当時住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)の
外部コンサルとして従事していた時に発案し、2007年12月に
上梓した私の著書で具体的にそのメリットを提案しています。
この策は経済の活性化につながると思うのですが……。

書籍 いい家を建てる 表紙

書籍 いい家を建てる 中面 夢の100年ローンを実現させよう

前の記事

Z旗