Z旗

ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が100日を過ぎた。
戦争による流血はいつまで続くのか。
ロシアのプーチン大統領は国内の経済に関して強気の姿勢を示す一方、
インフレ危機に関し警戒感もにじませている。

今回の侵攻のシンボルとして有名になった車両に付けている「Z」マーク。
「Za pobedy」(勝利)と解釈する人もいるようだ。(ネット情報)

1905年5月27日、日露戦争の勝敗を決する大一番で、日本軍の旗艦「三笠」の
マストに掲げられた「Z」を示す国際信号旗。司令長官の東郷平八郎はこの旗に
「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」の意味を込めたらしい。
海戦の結果は日本の一方的な大勝利。

Z旗 週刊新潮6月9日号掲載写真

(この写真は週刊新潮6月9日より引用)

日露戦争では、このZ旗はロシア軍にとって敗北の象徴となっているのに、
今時なぜシンボルとして使うのか?不思議だ。