今年の花は「兼六園菊桜」

広島市造幣局の桜。局内には64品種216本の桜が植えられている。
今年も花のまわりみち「八重桜イン広島」が開催され、一般開放されていた。

ここの桜は1967年より大阪の造幣局から順次移植され、
今や広島の春の風物詩となっている。
広島造幣局では毎年数多くの品種のうちから1品種を「今年の桜」に
ノミネートしている。今年の指名桜は「兼六園菊桜」だ。

「兼六園菊桜」は金沢兼六園から移植され、花弁数は多いもので
300〜350枚あるらしい。花は淡い紅白色で天然記念物に指定されている。

もう少し早い時期に空を覆い尽くすように咲く
ボリューム満点の八重桜を見ればよかった。

前の記事

新入社員研修

次の記事

端午の節句