新入社員研修

受講するZ世代は、1990年後半から2000年代生まれの若者で、
物心がついた頃からインターネットやオンラインの世界に
慣れ親しんでいる。主なコミュニケーションはSNSだ。

そんな彼らと9時間の長丁場の研修に挑んだ。資料や伝えたい
ツールをたくさん用意し、グループミーティングや個人発表を交えた。
今年は「教え込み過ぎず、自分たちで考えること」を主眼に置いた。
痛感したことは、彼らはリアルな体験への憧れが強いということだった。

研修先の不動産会社の新人は○○への飛び込み営業から仕事がスタートする。

□どうすれば門前払いされないか?仲よくなれるか?
□好印象を残し嫌がられない方法は?
□知識不足をどうカバーするか?
□上手なヒアリングの妙は?本音をつかむコツは?
□スムーズにアポイントを取る方法は?

など、分かりやすく伝えた。

「営業とは何か?」営業の定義を質問した際に
「お客様と信頼関係を構築し商品を購入してもらうこと」
「人とモノをつなぐこと」「自分や商品を相手にわかりやすく伝えること」
などの回答を得た。理解力は問題ない。あとは実践し、失敗し、
自分たちで考えて自力で営業ノウハウをつかむことだ。

1.「急がなくてもいいよ」と言われたら急いでやる。
2.相手のために心づくししたことは必ず伝わる。
3.「自分のためにここまで…」と相手が感動すると信頼される。
4.トコトン相手の立場に立って自分にされたら
  うれしいことだけヤル。その努力は惜しまない。
5.毎日コツコツと。仕事の量と質は成果に比例する。

こんな精神論も心に響いたと思う。一年後が楽しみだ。

前の記事

令和の怪物