令和の怪物

6回途中まで13者連続奪三振。このニュースを
耳にし、ゲーム終了まで固唾を呑んだ。そして、
新幹線の車中で歴史的瞬間に立ち会った。

動画を見る。剛球がうなりを上げるたびに打者
のバットが空を切った。正確なコントロール。
投じるのは直球とフォークボールのみ。
若干20歳の「令和の怪物」佐々木朗希の快挙は
スゴすぎる。

佐々木は東日本大震災で父を亡くし、逆境に
動じない精神力を持つ。大谷翔平、菊池雄星、
佐々木朗希、それに高校に入学し7ヶ月で
49本塁打の佐々木麟太郎(花巻東・2年)。
なぜ岩手県からこんな突出した逸材が
輩出されるのか。不思議だ。

100mを10秒台前半で走る俊足ランナー、
2塁まで1.5秒で送球する捕手、左右投げの
スイッチピッチャーなど、マンガの世界に
出てきそうな選手の出現も楽しみだ。

素質のある選手を育成する方法も科学的
に理に叶っている。プロ選手もウカウカ
できない時代だ。

4月12日 中国新聞より引用
4月12日 中国新聞より引用

前の記事

ロケ地は広島

次の記事

新入社員研修