ロケ地は広島

3月28日にアカデミー賞国際長編映画賞を受賞した映画『ドライブ・マイ・カー』。
村上春樹さんの短編小説が原作だが、放映時間は3時間超。
観たのは公開してすぐであったが先の読めない展開で、かつ緊張感がみなぎる
内容なのでさほど長くは感じなかった。

秘密を抱えた妻に先立たれ、行き場のない喪失感に苦しむ演出家(西島秀俊)。
「広島演劇祭」を任された彼が専属運転手(三浦透子)との交流を通して
自分自身を見つめ直す姿が描かれている。

大半が広島県内で撮影されていた。広島市中区の平和記念公園や平和大通り、
呉の大崎下島、それに瀬戸内の風景がスクリーンに映し出される。
愛車サーブで走行中における長い会話や夜景のシーンも多く、
グランドプリンスホテル広島や高速道路が幻想的に描かれている。
濱口監督が「自分史上、最も美しい映像が撮れた」と自負するだけあって
この広島ロケ地の情景が国内外の賞レースを席巻したのは間違いない。

「知りたい、わからない、それでも知りたい」人と人が理解することや
つながり合うことはとても難しいけど、この映画は気付きの多い作品だった。

ドライブマイカー パンフレット

ドライブマイカー パンフレット 広島ロケ地

次の記事

令和の怪物