考えて継続実践すること

センバツ出場の広島商業が22−7で丹生高校(福井県)に大勝。
20年ぶりの白星で1回戦を突破した。

広島商業は100人超の部員が日誌をつけている。
月間目標を立ててそれを実現するための「ルーティン行動」を決め、
練習や試合の反省点を踏まえて次につなげているそうだ。

「遠投は88mまで投げる」「球速を140キロまでアップする」
「握力を55キロ以上にする」「スイングスピードを130キロ以上にする」
などが選手個人の目標である。

日誌をつけることは特別珍しくはない。
しかし、Plan(計画) Do(実行) Check(確認) Action(改善・行動)の
「PDCAサイクル」を実践している所が一味ちがう。
これはビジネスの世界で重視される手法だ。

「日誌を丁寧に書いたら自分のためになる」
「考えながら練習すると目標や課題が浮かんでくる」
「日誌を毎日読むことで意識がかわる、野球の取り組みも変わる」
「目標を一つひとつ達成することが自信となる」
「自信がつくと打者とも勝負が楽しくなった」などが部員の声である。

日誌を毎日書くことで得られるのは、勝つために何をやるべきかを
考える力。「やらされている野球ではなく自分たちでやっているという
自覚が芽生えている」そうだ。

広島商業といえば「精神野球」が代名詞で、足やバントを使った
緻密な野球が伝統だが…。高校球界では理に叶った練習法や化学的な
パワーアップ法などでプロ並みの選手がどんどん排出されている。

ビジネスマンも高校球児に敗けず劣らず「考えること」
「継続して実践すること」「諦めない」ことを肝に銘じてほしい。

センバツ 広島商業 中国新聞記事より

センバツ 広島商業 中国新聞記事より
写真は中国新聞より抜粋