「すきま時間」と「ながら時間」に

耳で楽しむ「お話プレーヤー」を購入した。
このプレーヤーには日本文学の169作品の不朽の名作を俳優や文化人による
あらすじ朗読が収録されている。夏目漱石の「吾輩は猫である」、太宰治の「斜陽」、
島崎藤村の「夜明け前」、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」など多彩だ。
目を閉じて聴いていると、その絶妙な語り口によって物語の細かい情景までが
頭に入ってくるから、短時間で名作を味わうことができる。

休憩中に、そして湯船につかり、寝る前にも聴いてみる。
ツレは家事や洋裁をしながら聞く。

ちょっとした「すきま時間」と「ながら時間」が利用できるからいい。
いつでも、どこでも、何回でもかんたんに利用できるのもいい。
しかし、紙の匂いのする手触りが実感できる紙媒体と比べると何か物足りない。

552ページに及ぶ力作の「塞王の盾」は速読した後、2回目を熟読中。
多少疲れるが、やはり文字を目で追って口遊む書物の方が性に合っているようだ。

どこでもお話プレーヤー 日本の名作

塞王の盾

前の記事

球春近し