元気な日本に

景気が後退しているのにインフレーション(物価上昇)が同時に
進行することをスタグフレーションという。原油価格が高騰し、
運賃が上がり、ウッドショックで輸入材が上昇する。
景気は大丈夫か?

恒例の「バンザーイ」が議場に響き、昨日衆議選が解散した。
新型コロナ対策や経済政策が争点となる選挙戦がスタートし、
31日に投開票される。

中国新聞 2021年10月15日 記事引用
中国新聞 10月15日 朝刊より引用

岸田文雄首相が掲げる「成長と分配」を軸にした新資本主義。
令和版「所得倍増計画」は実現するのか?手腕に期待したい。
1960年に当時の池田勇人首相が政策の目玉にした、10年間で国民
1人あたりの国民総生産を2倍以上にする「元祖・所得倍増計画」は
公約通り実現した。

住宅の着工戸数は1973年が190万戸、住宅ローンの金利は7.92%。
2020年は81万戸(▲58%減)で金利は1%を下回る。

思い起こせば50年前は日本中に「元気」がみなぎっていた。
ファイトで前進あるのみ。精励しよう。

丸山景右BLOG 所得倍増計画 資料

前の記事

新総裁に期待を

次の記事

老後の楽しみ方