新総裁に期待を

29日の自民党の総裁選は、岸田文雄氏が勝利した。
広島県からは1991年の宮沢喜一氏以来30年ぶり4人目となる。
決選投票では敵が少ない岸田氏を勝ち馬とし、相乗りした議員が
多かったようだ。3Aのシナリオ通りの戦略が功を奏した。

テレビ番組で「経済の成長と分配を実現し、新しい資本主義を
構築する」と訴えた岸田氏。そして、1960年の池田勇人首相が
掲げて経済を活性化した所得倍増計画にも言及した。
当時は10年間で国民総生産(GNP)を倍増させる計画で
実際、日本は平均10%の経済成長を遂げ、高度成長した。
当時、住宅も年間200万戸近くの着工戸数を誇り、
現在の2.5倍と盛況だった。新型コロナ対策より経済対策に
重点を置いているが正解だと思う。

今回、二階俊博氏にケンカを売り腹を括った岸田氏。
派手さはないが、堅実で人間味のある新総裁に期待したい。

丸山景右BLOG 9月30日の新聞

前の記事

心を動かす

次の記事

元気な日本に