心を動かす

営業の世界では最近、優劣の差が顕著だ。

「スピード勝負だ、早くクロージングしろ」と若手営業マンに
発破をかける輩がいるが、とんでもないことだ。
受注できる要因はお客さまの心を動かすこと。
この本質は今も昔も変わらない。

ここに日経新聞で見つけた筆文字の弔辞がある。
川端康成が大宅壮一に宛てた直筆の原文だ。
一読すると心を動かさずにいられない。
自らの手で心をこめた文言が綴られているからだ。

川端康成 弔辞

心を込めることは誰でもできること。特別な能力ではない。

営業マンから手紙やハガキが届いた。

丸山景右BLOG 手紙

丸山景右BLOG ハガキ

現役時代の私がお客さまに宛てた手紙を公開しよう。

丸山景右BLOG 巻物

次の記事

新総裁に期待を