映画「孤狼の血・LEVEL2」

2018年に観た映画、柚月裕子原作の「孤狼の血」は広島と
呉を舞台に描いたもの。暴力団と刑事の癒着から凶悪な
仁義なき戦いが展開されていた。
マル暴刑事役の役所広司と、新人刑事役の松坂桃李の
狂気な演技が、今でも強烈に印象に残る。
ピエール瀧や石橋蓮司らの脇役の好演も光った。

時を経て、新たなストーリーの「孤狼の血」が帰って来た。
舞台は又も広島と呉。主人公はマル暴刑事役の松坂桃李。
前作は新人刑事の初々しさが感じられたが、今回はルックス
もダーティーでハングリーなマル暴に変身していた。
相手役は無法を極める凶暴なヤクザ役の鈴木亮平。
二人の血を血で洗う壮絶なバトルロイヤルは凄まじかった。

興味深かったのはロケ地が広島県であったこと。
広島市と呉市を中心に、馴染みの場所がたくさん映し出され
臨場感を味わうことができた。

『口答えしょーんは全員ブタ箱叩き込んじゃる』(松坂桃李)
『もうやらんと、どがいもならんのじゃ』(村上虹郎)
『わしゃ必ずそのデカ見つけ出して地獄みせちゃるけぇ』(鈴木亮平)

これらの台詞はモロ広島弁デス。

孤狼の血LEVEL2 パンフレット

次の記事

心を動かす