映画「いのちの停車場」

コロナ禍でエンターテイメント業界が大打撃を受けている。
映画館の売上は全盛期(2019年)から半減しているらしい。
それでも唯一の楽しみは映画鑑賞と動画配信サービス。
外出自粛の折だが映画館は安全である。三密を避けるために座席
間隔を空けたり十分な換気などの感染症対策を施しているからだ。
当然全員マスクをし、しゃべる人は誰一人いない。そんな中で
映画館もコロナ後を見据えた集客作戦をどう打ち出していくか
興味津々である。映画好きな自分にとって好都合なことに
我が家から徒歩2分の位置に109シネマズ広島がある。

最近観た映画「いのちの停車場」。
吉永小百合が演じる医師の在宅医療をテーマにしたもので、
これまでとは違う角度から医療を見直した作品だ。
今時の医療の逼迫した現場を思い浮かべると悲壮感が漂うが、
この映画は見終わったら何となく暖かいものを感じた。

いのちの停車場
映画「いのちの停車場」公式サイトより