オンライン営業

コロナ禍で営業研修も非対面かつ、オンラインでの実施が余儀なく
されています。そして、営業チームからは「オンラインによる営業の
手法をレクチャーしてほしい」という声も少なくありません。

オンライン営業のメリットは
1.移動しないので時間や体力的な負担が軽減できる。
2.遠方の顧客とコストをかけず商談ができる。
3.簡単に接触でき営業のフォローアップ量が増える。
4.オンラインに慣れれば対面よりリラックスして話ができる。

そして、デメリットは
1.臨場感に乏しく会話の間の取り方が難しい。
2.顧客の表情や反応をリアルに感じとれない。
3.商談中のリアクションが弱くなり商談内容が伝わりにくい。
4.商談ツールの活用やプレゼン・筆談がスムーズに実施できない。
などがあげられます。

営業という仕事は、いわば「お客様と仲よくなって」信頼関係をつくる
ことで成り立っています。そう考えると、初回面談や重要な商談は
対面、お客様と相互理解ができたうえでの情報提供や事務的な説明は
オンラインという使い方がベターです。

これからは集合研修も個別コンサルもオンラインを活用するケースが
大幅に増えます。しかし、人と人がぶつかり合う営業という仕事では、
やはり、対面折衝に磨きをかけるべきだと思います。

前の記事

端午の節句