終わりの始まり?コロナ戦争

1月16日の新型コロナ感染者は全国で2万5658人。
12日に1万人を超えたばかりなのに…。完全に第6波に突入した。

1月9日からまん延防止等重点措置が適用された広島県は1280人と
1日当たりの感染者数が過去最多となった。オミクロン株の猛威は
想像以上で天井知らずの感染スピードは驚異だ。
次のワクチン接種まであと2ヶ月も待たなければならない。
感染ピークが3月中旬ならば、今はノーガードの状態。
外出は出来ない。電車に乗っても二重マスク。
いつまで続くのか?不安だ。

そんな中、オミクロン株とデルタ株の重症化リスクを比較した
研究結果がインターネットサイト「メドアーカイブ」に掲載されていた。
特筆すべき内容はオミクロン株が感染力が強まった一方で、
重症化のリスクが低下した理由として、ウイルスが肺の奥ではなく
気管支よりも上部で増殖するからではないか、というもの。

オミクロン株の感染拡大は新型コロナウイルスの終わりの始まりなのか。
次にどのような変異したウイルスが襲ってくるのか?油断できない。

新型コロナ イメージ

前の記事

秘闘