レガシーは何だったのか

新型コロナウイルスの世界的流行で異例の1年延期となった
東京五輪。無事、無観客開催で8日閉幕した。

金27個、総数58個のメダル獲得は立派で、感動のドラマも
少なくなかった。しかし、今大会は自国開催なのに
イマイチ盛り上がりに欠けていたのは否めない。

五輪招致の名目は東日本大震災からの復興だったはず。
期間中にそのことをメディアはPRしない。
式典でも多くは語られなかった。
後味が悪かったのはコロナだけのせいではないと思う。
この大会のレガシーは何だったのか。

10日から甲子園大会も開幕した。
そして24日からはパラリンピックがスタートする。
無事幕がおりることを願いたい。

 

丸山景右BLOG レガシーは何だったのか 新聞