認知症に吉報

最近不安になること、それは物忘れ。
「人の名前が出てこない」「漢字を忘れた」「モノをどこに
置いたか?」などなど。これらのことが何度も続くと
「認知症では?」と不安になる。

ドクターに確認すると「それらは年のせいで、認知症は
記憶や思考する力にブレーキがかかること」らしい。
要するに脳細胞が壊れるのが認知症とのこと。

人間の大脳には150億個のニューロンという神経細胞が、
常に死滅したり活性化している。「考える習慣」を身に
つければ脳が活性化する。だから営業マン研修では
「営業脳」を鍛える方法を伝授している。
その方法は、問題を分析し解決する方法をWH戦法と呼び、
「Why(なぜ)」「How(どうしたら)」を徹底している。

生活に支障を来たす認知症。
患者は世界に5000万人、国内に600万人いる。その7割が
アルツハイマー病だが、治す方法は未だ見つかっていない。
そんな折に吉報。米製薬大手と日本のエーザイが共同開発した
「アデュカヌマブ」がアメリカで承認された。

ネックは薬剤費で年間コストは約613万円。保険が適用され
高額療養制度が利用できれば負担は軽減されるはず。
垂涎の的である「アデュカヌマブ」に期待したい。

丸山景右BLOG 人間の脳のはたらき

前の記事

花に癒される