待望、ワクチン接種

コロナ禍は長期化し、まもなく強毒化した新しい変異種が
猛威を振るう。とても恐怖だ。

感染対策の「決め手」といわれるワクチン接種率は2%。
「何が原因?」世界の先進国では最下位だ。
1日100万人の接種を目標に掲げているが、接種は自衛隊が
担うらしい。それでもワクチン接種には期待したい。

感染発生から1年以上経つのに、何も手を打っていない菅政権。
愚策の「GoToキャンペーン」で感染を拡大し、意味のない
「まん延防止等重点措置」を新設するなど無為無策が目立つ。

国民に自粛を求め飲食店に我慢を強いるだけのコロナ対策。
「もういい。国民は誰も耳を貸さない」だろう。

丸山景右BLOG 210510

前の記事

善通寺へ

次の記事

創造のたまご