「営業」って何ですか?

「営業って何?」の質問に「?」と頭を傾げる人がいます。
咄嗟の質問に「モノを売ることです」と答える営業マン。

「モノを売る」ことは営業ではなくて販売です。SELLです。

たとえば、リンゴを買いに来た人にリンゴを売るのは販売で
この行為では店員さんは「営業」をしていません。

たとえば老朽化した建物をリフォームするか、建替えをするか
迷っている人がいたとします。その際に「営業」をするということは
お客さまの困り事を探り憧れの生活シーンを確認し、プロとしての
提案をしてコンサルティングすることをいいます。

つまり、「営業」という言葉を定義すると「お客さまの求めている
モノに付加価値をつけて提案すること」になります。

「営業」の定義がわかると「どうすればいいか」が見えてきます。

因みに「定義」とは物事の内容や意味を他と区別できるように
言葉で明確に限定することです。「言葉」を「言葉」で表現すると
何事もよく理解できます。

提案イメージ 丸山景右BLOG

前の記事

PCR検査受けました

次の記事

善通寺へ