「売れる」には理由がある

営業の世界には「売れるしくみ」があり、その通り実践すれば
受注につながるという一つの法則があります。

一昔前は説得力のある元気な営業マンが一世風靡し、
「根性」があるか否かが問われていました。

「根性」という言葉はスポーツでは勝利するために
ガムシャラに練習に打ち込むという精神性のことをいいます。
ややもするとシゴキにつながり、今時は敬遠される言葉です。

しかし、根性がある人は一般的に責任感が強く、努力家でポジティブで
かつ負けず嫌いです。そして、忍耐力があり集中力も兼ね備えていますから、
物事をやり遂げる能力が高いようです。そう考えると、死語となった
「根性」は営業マンにとって必要不可欠な要素といえます。

今の時代は「精緻に徹したセールス」をモットーに知識武装し、
コンサルティング能力を磨かなければ、お客さまに相手にされない時代です。
精緻とは「非常に細かな点にまで注意が行き届いていること」です。

営業も戦法を変えよう 丸山景右BLOG

丸山景右BLOG